チャットレディのお金

チャットレディの雇用形態や税金はどうなるの?

チャットレディの雇用形態や税金はどうなるの?

チャットレディの仕事をするにあたり、雇用形態や税金関係がどうなるのか気になりますよね。
結論としてはチャットレディは業務委託契約となり、確定申告で自分で納税する必要があります。

この記事では、チャットレディの雇用形態と確定申告について解説します。

・チャットレディは業務委託契約
・年間収入38万以上で確定申告が必要
・兼業チャットレディの場合は103万の壁でなく38万の壁
・主婦でも兼業の場合は20万以上で確定申告が必要

●チャットレディは業務委託契約

チャットレディは業務委託契約となり、雇用関係はありません。

そのため会社員と違い社会保険や雇用保険、源泉徴収もありません。

年末調整で源泉徴収されれば会社が自分の代わりに税金を納めてくれます。
ですがチャットレディには源泉徴収がないので確定申告を行い、自分で税金を払う必要があります。

「自分で納税するなんて難しそう…」

と思われるかもしれませんが、ポイントを抑えれば簡単です。
詳しく見ていきましょう。

●年間収入38万以上で確定申告が必要

まず確定申告といっても、チャットレディが必ずしなければならないかというと、そんなことはありません。

チャットレディで確定申告が必要なのは2パターンのみです。

・会社員で副業収入が年間20万以上ある
・専業主婦や学生で年間38万以上収入がある

まずはあなたが主婦なのか、会社員なのかによって分かれます。

会社員で本業がある場合は他の副業と合わせて年間20万以上を超えると確定申告する必要があります。
他の副業とは賃貸収入や株式の配当・売却益などです。

専業主婦や学生など、チャットレディ以外に収入がない場合は年間38万以上収入があると確定申告する必要があります。

また主婦や学生でもパートやアルバイトとチャットレディを掛け持ちしている場合はちょっと複雑です。
チャットレディ収入は「事業所得」または「雑所得」となり、よく聞く「103万の壁」の計算方法が違ってくるからです。

●兼業チャットレディの場合は103万の壁でなく38万の壁

パートやアルバイトの収入は「給与所得」となります。
給与所得があって確定申告が必要な人は3パターンです。

・給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
・給与を1か所から受けていて、かつ、その給与の金額が源泉徴収の対象となる場合において、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える方
・給与を2か所以上から受けていて、かつ、その給与の金額が源泉徴収の対象となる場合において、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える方

要するに、パートやアルバイトで給与所得がある場合はそれ以外の収入が20万を超えると確定申告の必要があるということです。
また年間38万を超えると夫や親の扶養から外れます。

「103万じゃないの?」

と思われるかもしれませんが、それは収入が給与所得のみだった場合です。
給与所得には65万の控除があるため基礎控除38万と合わせた103万が所得税の扶養から外れないラインとなります。

ですがチャットレディ収入は給与ではないので控除が基礎控除の38万しかありません。
そのため、チャットレディ収入は38万を超えると確定申告の必要があり、扶養から外れるのです。

この枠を増やすには個人事業主として開業届を出します。
個人事業主として青色申告すれば10万もしくは65万の控除が使えます。

詳しくはチャットレディの帳簿作成は10万控除なら自分でできる

またシングルマザーで子供を扶養しているなどの場合は扶養控除や寡婦控除が使えるのでもっと枠が増えます。
詳しくはシングルマザーが副業で使える控除は最低111万

●主婦でも兼業の場合は20万以上で確定申告が必要

主婦でも兼業の場合は20万以上で確定申告が必要です。
兼業チャットレディとは

・開業届を出さず
・パートやアルバイトで給与をもらい
・副業として兼業チャットレディをする場合

ということです。
確定申告する必要があるのは20万以上の時ですが、ここからは経費を引くことができます。

チャットレディ収入が29万で経費が10万あった場合は収入は19万となり、確定申告の必要はありません。

経費について詳しくはこちら

チャットレディが経費にできるもの一覧
チャットレディは個人事業主!開業届を出して経費を使おう

兼業チャットレディが確定申告する方法はこちら

会社員がチャットレディの副業え確定申告する方法

●まとめ

チャットレディの雇用形態と確定申告について解説しました。
ぜひ参考にして、賢く稼いでください!

・チャットレディは業務委託契約
・年間収入38万以上で確定申告が必要
・兼業チャットレディの場合は103万の壁でなく38万の壁
・主婦でも兼業の場合は20万以上で確定申告が必要

チャットレディにはサービスにおいて「これをしないといけない」という決まりは一切ありません。全て自分で決められるのです。

これからチャットレディを始める場合は自分がやりやすいように、自分のルールを決めて取り組みましょう。そうすれば、続けやすくなります。

事務所に登録すれば、困った客の対処方法や不安なことはスタッフが詳しく親切に教えてくれます。

私が実際に登録しているのはポケットワーク、GTM、マダムとおしゃべり館です。
人妻チャットのチャットピアは、今なら登録後120分のログインで12,000pt(6,000円)もらえるデビューキャンペーンが実施されています。

期間限定なので気になる方はチェックして見てください!
私もこのキャンペーンで登録ボーナス受け取りましたよ^^



FANZAライブチャットは月に2回報酬が受け取れ、振込手数料も無料です!
報酬とは別の独自のポイントシステムで豪華商品や金券も受け取れるためおすすめです。


マダムとおしゃべり館は新人期間の待機保証が魅力的です。

登録から72時間は2,400円の時給が保証されるため、ログイン時間が確保できるなら一気に稼ぐことも可能です。※時給保証についてはカメラテストの際に申請が必要なので、忘れずに伝えましょう。


 

 

ABOUT ME
mina
mina
子供のいる主婦やシングルマザー向けにチャットレディで効率良く稼ぐ方法を公開しています。